クレジットカードを即日発行したいなら、ACマスターカードがおすすめな理由

ACマスターカードで即日発行する方法を紹介する

クレジットカードのACマスターカードは、カードローン事業を展開する消費者金融事業者のアコム株式会社が発行しています。日本国内の消費者金融業者の中でもクレジットカードを発行しているというのは非常に珍しい存在です。限度額はキャッシング枠とショッピング枠が合わせて800万円と高額になっています。またショッピング枠も300万円まで利用することができ便利です。基本的にキャッシングとはクレジットカードのキャッシング枠のことを指しますが、一般的にはカードローンなどによる借り入れをキャッシングを呼びます。ACマスターカードのキャッシング枠はカードローンとしての機能が付加されています。クレジットカードでありながら、一定の条件を満たすことにより即日発行することも可能です。

アコムは三菱東京UFJ銀行と同じく三菱UFJフィナンシャル・グループに所属しています。三菱東京UFJ銀行の提供するカードローンサービス「バンクイック」は、銀行系カードローンに該当するため貸金業法の適用を受けません。一方でアコムは消費者金融事業者なので貸金業法の適用を受け、総量規制の対象となります。ACマスターカードの発行にはカードローンとしての審査基準を満たす必要があります。そのため年収の3分の1を超過して他社からの借り入れを行っているような場合は、発行ができません。申し込みの際には現在の債務額の確認と整理をすることが必要です。

ACマスターカードの即日発行を希望する場合には、受け取りに行く前にインターネットから申し込みを行う必要があります。審査が行われた後、アコムの無人契約機である「むじんくん」で発行するという流れになります。アコムによる審査は早ければ30分で完了し、カードが即日発行されます。即日発行以外の方法としてはインターネット、電話や郵送の他にもむじんくんや店舗窓口で手続きを行うことも可能です。店舗の場合には平日が9時半から18時まで営業しており、土日と祝日は休業となります。一方インターネットからの申し込みであれば24時間いつでも可能で、むじんくんは年中無休で8時から22時まで利用することができます。さらにアコムのATMは24時間年中無休です。むじんくんと併設されている場合にはカードの発行後すぐに借り入れを行うことも可能です。ATMの手数料は提携ATMの場合には必要です。一方アコム独自のものであれば無料となります。

ACマスターカードを紹介!即日発行以外にどんな特徴がある?

ACマスターカードは即日発行ができるクレジットカードとして有名です。国内外でも利用できる国際ブランドが付帯しているため、加盟店が多く、決済ができる店舗が多いです。また、ACマスターカードの場合は、利用額によってポイントが付与されたり、付帯する保険が一切ない等、他のクレジットカードには見られない特徴がありますので、申し込みをする前にしっかりとカードの概要を把握しておくといいでしょう。

ACマスターカードは、消費者金融から発行されているカードですので、一般的なクレジットカードとは逆に、キャッシングの利用が主で、ショッピングや代金の支払いの枠が付いている形になります。ショッピング専用のカードもありますが、希望したとしても発行されることはまれで、ほとんどがキャッシング付きになります。カードの性格上、お金の借り入れができる成人に達した20歳以上で、安定した収入がある方でないと申し込みができません。パートやアルバイト勤務の方はもちろん、日雇いや内職をしている方も申し込みができますが、専業主婦や主夫、無職の方の場合はできません。

キャッシングの審査に準じて、申込時の審査が行われますので、クレジットカードの利用限度額は、収入の3分の1までとなります。一般的なクレジットカードは、キャッシング枠のみ貸金業の総量規制が適用されますが、ACマスターカードの場合は、全ての限度額に合わせて決められます。他のクレジットカードでキャッシング枠が付いている方や、ショッピングの利用残高が高めの方は審査に通らないこともありますので、気をつけてください。

返済方法については、リボ払い専用カードとなります。締め日の残高の金額によって、翌月のリボ払いの残高が変動します。リボ払いは、月々の支払いを一定にできるメリットもありますが、なかなか支払いが終わらないデメリットもあります。しかし、ATMや提携するネットバンキングからの振替等での随時払いが可能ですし、リボ払いの金額を上げて利用額を範囲内に納めるようにすれば一括での返済もできますので、自由に支払いを調節することも可能です。

ACマスターカードを即日発行するには、必ず店頭か無人契約機に出向いて、発行手続きをしなくてはいけません。店頭窓口であれば特に問題がありませんが、契約機にはACマスターカードの発行に対応していない所が多く、対応できる契約機が限られることがあります。即日発行できる契約機を探すには、消費者金融のサイトの店舗施設やATM等の検索画面からACマスターカード発行に対応している契約機にチェックをして検索するといいでしょう。難しい場合は、即日発行はできませんが、ネット上で契約手続きをすれば、遅くとも翌日には発送されますので、比較的早く手に入れられるでしょう。

ACマスターカードは本当に審査が甘いのか?

クレジットカードの比較サイトやブログ記事で紹介されることの多いACマスターカードは、審査が甘いという評価が記載されているのを見かけた方も多いと思われます。しかし、巷で噂されるように、本当に審査は甘いのでしょうか。

ACマスターカードは消費者金融から発行されているクレジットカードです。申し込み条件は20歳以上69歳未満の方で、安定した収入がある方です。勤務形態は問われず、アルバイト等をしていれば学生でも申し込むことができます。通常、一般向けのクレジットカードの申し込みができるのは、18歳以上で電話での連絡が取れる方となっていることが多いです(→http://cretatsu.com/genre/sokujitsu.html)。親権者の許可があれば、未成年でも加入できますし、アルバイトをしていない学生でも申し込みが可能です。また、配偶者に安定的な収入があれば、専業主婦や主夫でも申し込みが可能です。

ACマスターカードは、キャッシングカードにクレジットカードの機能が付いているカードです。例外的にショッピング専用のカードがありますが、ほとんどのケースではキャッシング付きのカードの取得となります。消費者金融のため、ローンの機能が主になると考えられます。従って、審査は貸金業から借入をする前提で、総量規制の影響を考えて行われます。成人に達した年齢で、仕事をしていない方では申し込みができません。既にショッピングやキャッシングの利用で、限度額が収入の3分の1を超えている方も、取得が難しくなります。

ACマスターカードでは、一般的なクレジットカードと違い、クレヒスを重視しないのも大きな特徴です。クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、今までのクレジットカードや分割購入、借入等の履歴を指しています。それらの情報は、契約した金融機関やクレジットカードの発行会社別に信用情報機関に記載されています。債務整理をした情報や3ヶ月以上の延滞、保証会社の代位弁済などの情報が、信用情報機関に記載されている間は審査に通るのは非常に難しいです。

しかし、記載期間が過ぎて、全てのクレヒスが消去された後は、申し込み条件を満たしていて、安定した収入や職業に就いていれば審査に通ることがあります。他のクレジットカードの発行会社では、30歳以上の年齢で全く契約情報やクレヒスが残っていない申込者の場合は、債務整理を疑って審査落ちするケースが見られます。しかし、ACマスターカードはクレヒスを重視しないで、申し込んだ日現在の収入額や職業などを重視しますので、基準に適っていれば問題なく取得できます。審査が甘いわけではなく、審査時に重視する項目が違うと考えた方がいいでしょう。

即日発行可能なACマスターカードの審査に落ちる原因は?

ACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。通常のクレジットカードの場合には即日発行というわけにはいかず、数日程度は必要になりますが、ACマスターカードは、即日発行が可能なクレジットカードとして知られます。また審査基準も緩やかですので、すぐにクレジットカードを利用したいという人にはおすすめのクレジットカードです。しかし、いくら即日発行が可能といっても審査は行われますので、審査に落ちることもあります。

そもそもACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行しているもので、性質としては通常のクレジットカードとはかなり異なっています。クレジットカードは加盟店での買い物をしたさいの決済に利用できるます。クレジットカードの利用限度枠には買い物に使えるショッピング枠と現金を借り入れることができるキャッシング枠がありますが、従来のクレジットカードの場合にはショッピング枠がメインのサービスで、キャッシング枠がサービスとして提供されているものになります。一方でACマスターカードはこの逆で、アコムのキャッシングサービスを利用するために発行されているローンカードにショッピング枠が付いているものといえます。

このためACマスターカードを利用するためには、アコムのキャッシングサービスを利用できる信用力が必要です。このため審査で落ちた理由としては、ブラックである可能性があります。

ブラックとは、ブラックリストに載った人を指しますが、ブラックリストというものはそもそも存在せず、意味としては信用情報機関に事故情報が登録されている状態を指します。信用情報機関に登録される事故情報としては滞納や債務整理を行った場合で、滞納は滞納し続ける間は登録され続けます。一方で債務整理は年数によって変わり、整理後に5年から10年ほどは登録され続けます。ブラックとなると、ACマスターカードはもちろん、大手の消費者金融やクレジットカードの新規発行や継続利用ができなくなります。

一方で、もし審査に落ちた理由がブラックではない場合には、そもそも利用できるだけの信用力がないことが考えられます。信用力としては収入を指しますが、借入金額に十分な返済できる収入がない場合にはACマスターカードはもちろん、ほかのクレジットカードも作ることはできません。またクレジットカードを多く持っている場合にはトータルでの利用限度額が大きくなるため、他のクレジットカードを多く持っている場合にも落ちる理由となります。

ACマスターカードは在籍確認なしにできる?即日発行で入手する方法

ACマスターカードは、消費者金融のアコムから発行されているクレジットカードです。条件が整えば、即日発行がしやすいカードとして、入手を急いでいる方に支持されています。クレジットヒストリーよりも、申し込み日現在の収入等の条件から審査をしてもらえるので、30代以上で初めてクレジットカードを取得しようと考えている方でも、取得しやすい場合があります。

ACマスターカードに申し込みをするには、店頭窓口での受け付け以外にインターネットや電話、無人契約機を利用する方法があります。インターネットを利用した場合は、申し込みフォームがカードローンの申込書と共通になっていることがあります。受付確認の電話をもらった時に、クレジットカード付きのカードを発行したいと伝えれば、ACマスターカードの発行に向けて審査をしてもらえます。

申し込みにインターネットや電話を利用した場合は、即日発行をする際に無人契約機に出向けば、機械から直接発行できますので、直接アコムの店頭窓口に出かけなくても済みます。人目に付きにくいので、契約機に入る際に知り合いがいないか確認すれば、誰にもバレずにクレジットカードの即日発行ができるでしょう。

ACマスターカードは、他のクレジットカードと比べて違っている所があります。信用情報に債務整理をしたことや、延滞をしたことが記載されていれば、即審査に落ちることは変わりがありません。しかし、他のカードとは逆に、カードローンにクレジットカードの機能が付いている所から、成人に達しない年齢の方や、職業に就いていない方は申し込みが不可能とされています。

また、他のクレジットカードでは、良好なクレジットヒストリーがあれば、在籍確認を省略する所も多いです。ACマスターカードの場合は、原則として行われると考えた方がいいでしょう。消費者金融のカードですので、在籍確認があると、借入のことと思われてまずいのではとためらう方もいるでしょう。アコムでは、申込者に最大限の配慮をしていますので、心配には及びません。

在籍確認は番号非通知で、アコムの社名を名乗らずに担当者の個人名でかけられますので、会社の方にバレずに済みます。申込者が通話口に出た時点で初めてアコムの社名とACマスターカードの在籍確認で電話をかけたことを告げ、すぐに終了します。本人が不在の場合は、同僚の方が席を外している等と返答をすれば、勤務先で仕事をしていることは分かりますので、再度の電話はありません。会社の方にアコムが発行会社と言わずに、カードの作成をしたので、在籍確認があると予め伝えればいいでしょう。勤務先の規則で、個人宛ての電話を取り次げない場合は、諦めずに担当者に相談してください。追加の書類の提出等の代案を考えてもらえる場合もあります。