エポスカードは即日発行でおすすめなカード

即日発行がおすすめ!お得なエポスカードの紹介

お得な特典がついているクレジットカードは、入会金は無料でも年会費がかかることが多いものの、エポスカードは入会金、年会費が無料です。それにもかかわらず、マルイでの割引や各種アミューズメント施設や飲食店などでの優待、海外旅行保険の自動付帯など、特典ももかなり充実しています。クレジット機能をあまり使わない人でも、1枚持っていると提示するだけでたくさんの特典が受けられる、とてもお得なカードです。

発行は、マルイの各店舗で即日発行ができます。エポスカードを使用すると、マルコとマルオの7日間というセール中、マルイの実店舗とマルイウェブチャネルというWEBショップでの買い物が、10%オフになります。マルコとマルオの7日間は年に4回開催されているので、マルイでよく買い物する人は特にエポスカードの所有がおすすめです。即日発行できるので、偶然マルコとマルオの7日間開催中に買い物をすることになっても、その場でエポスカードを発行し、すぐに10%オフを適用できます。入会時に2,000円分の割引券ももらえるので、お得に買い物ができます。

セール期間外でも、マルイでのお買い物はもちろん、普段のクレジット利用でもポイントが貯まります。マルイでの買い物は現金購入時もポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント1円で割引できます。

エポスカードは、追加料金を支払うことで好みのカードの絵柄を選択することもできます。柄入りのカードは即日発行できませんが、申込時に仮のカードが渡されるので、各種特典や割引はすぐに優待を受けることができます。かわいいものからかっこいいもの、シンプルから派手までたくさんのデザインが用意されているので、きっと自分らしいお気に入りのデザインが見つかります。

優待はマルイだけではなく、各種アミューズメント施設や飲食店などでも受けられます。特に、カラオケや観光地のテーマパーク、スパなどの優待が充実しており、そのような施設はたいていエポスカードの優待対象になっていることが多いです。入会金と年会費が無料なので、家族旅行やデートで遊びに行くことが多い人は、クーポン代わりに持つのもおすすめです。

入会金、年会費が無料にもかかわらず、エポスカードには海外旅行保険が自動付帯しています。海外旅行によく行く方は、毎回海外旅行保険費用を支払う必要がなくなるので、節約にもなります。またVISAなので海外での買い物時にも利用できるお店が多いです。

エポスカードの紹介!即日発行する方法とは

エポスカードは実は本契約のカードを即日発行できる数少ないクレジットカードです。即日発行できると謳っているカード会社の多くが仮カードでの対応であり、仮カードの利用にはさまざまな制約があります。

エポスカードが即日発行できる理由が、エポスカードセンターを用意しているためです。エポスカードセンターでは新規申し込みの他に、各種手続きや支払い、ポイントの交換などを行うことができます。ポイントの交換もエポスで利用できる商品券であればその場で受け取ることができます。最近エポスカードはポイントを支払いに利用することができるようになりましたので、ますます利便性は高くなりました。

エポスカードを即日発行するためには、必要書類をそろえてカードセンターに行かなくてはなりません。必要書類は運転免許証やパスポートなどの身分証明書、キャッシングを利用する場合は収入証明書が必要になることもあります。必要書類を忘れてしまうと、取りに戻る手間が発生してしまいます。もちろんWebからでも申し込みは可能です。ただしカードの受け取り方法を郵送ではなく、カードセンターでの受け取りとしなくてはなりません。また、キャッシングを希望するとショッピング枠とは別で審査を行わなくてはなりませんので、それだけ審査に時間がかかることもあります。

エポスカードセンターはマルイの中に設置されていますが、すべてのマルイにあるわけではありませんので、予めどこにあるのか確認して起きましょう。夏休み中や年末年始など大型連休の前後では申し込み件数が増加します。忙しいと仮カードで対応されてしまうこともあります。申し込みをしたら本契約のカードを即日で発行したいと伝えておいたほうが良いでしょう。

本契約したカードはすぐに利用することができます。まず裏面に自分の氏名を書いておきましょう。ネットで明細を確認することができるようになりますので、エポスNetに登録しておきましょう。エポスNetに新規で登録をするとポイントがプレゼントされたり、さまざまなキャンペーンに登録することができます。キャンペーンは必ずポイントがもらえるもの、抽選のものなどがありますが、こうしたキャンペーンは自動的には参加にはなりません。定期的にエポスNetにログインをして、新しいキャンペーンが始まっていないかチェックするのも、上手にクレジットカードを利用してポイントを貯めるためのコツの1つです。

エポスカードセンターを利用してクレジットカードを即日発行する手順を教えます

マルイにお買い物を行った時、「クレジットカードがあれば欲しいアイテムが買えるのに」と後悔しないために、エポスカードを即日発行する発行方法とその手順を紹介します。

まずエポスカードの申し込み条件は、高校生以外の18歳以上の方です。なお未成年の方は、親権者の同意が必要です。なおエポスカードのラインナップは、以下の通りです。エポスカードVisaはスタンダードカードで、入会金・年会費は無料です。エポスゴールドカードは、年会費は5000円で、年間50万円以上の利用で翌年度無料となります。エポスプラチナカードは、年会費2万円のステータスの高いカードです。

次に発行方法は、マルイ店舗でのエポスカードセンターでの申し込み、またはインターネット申し込み(WEBまたはアプリ)から選択します。なお店舗での申し込みなら、土日祝日でも最短30分でカードが即日発行されます。インターネット申し込みは24時間申し込み可能で、アプリをダウンロードするとスマホで運転免許証を撮影することにより入力項目が省略できます。iPhoneとアンドロイドともにアプリが用意されています。なお申し込み時にカード受取方法をエポスカードセンター、または郵送から選択します。申し込み後早ければ数分後に「エポスカードのお申し込みについてのお知らせ」という審査状況、審査結果を知らせるメールが届きます。なおエポスカードの発行・手続きに関して、自宅または勤務先に電話連絡があるケースがあります。

審査に通過すると、申し込み時に選択した受取方法にてカードを受け取ります。即日発行するには、カードをエポスカードセンターに出向いてカードを受け取る必要があります。なおエポスカードセンターは、中国地方と四国地方を除く全国に約40ヶ所あります。エポスカードセンターでの必要書類は、次の3点です。まず審査結果メールを持参します。スマホを持って行き画面を見せればOKです。次に運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの公的書類です。次に利用代金を支払うキャッシュカードです。なおエポスカードセンターでの受け取りは、マルイの営業時間内に限られ、また店舗により営業時間が異なります。

次に郵送受け取りは、1週間ほどで自宅にカードが届きます。なお佐川急便の受取人確認配達サービス、または日本郵便の本人限定受取郵便にて配送されます。受け取り時に運転免許証などの本人確認書類の提示が必要です。そして同封の口座振替依頼書を返送、またはエポスNetに登録する必要があります。

エポスカードなら学生でも即日発行できるおすすめカード

学生になると交友範囲も広くなります。ゼミの友人と旅行に行くこともありますし、遊びに出かけることもあるでしょう。即日発行ですぐに受け取りをしたいのであれば、学生でも申し込みが認められているエポスカードがおすすめです。

エポスカードを即日発行するには、エポスカードセンターに出向く必要があります。エポスカードセンターは、首都圏を中心に同系列の店舗施設にあり、買い物の際に申し込み手続きができます。即日発行できるカードの種類は赤とシルバーで、デザインカードは自宅への配送での受け取りになりますので、注意してください。また、決められた期間以内にエポスカードセンターに受け取りに行けなかった場合は、自動的に自宅への配送になります。

エポスカードを申し込むには、エポスカードセンターで、即日発行まで全て行えますが、ウェブサイトやアプリを使ってネット申し込みも可能です。申し込みフォームを入力して送信し、提出できるので、時間がかかりませんし、入力の見直しや修正もしやすいでしょう。アプリを使うと、運転免許証などの本人確認の書類を写真で提出できるので、入力する項目が少なく済む場合があります。即日発行で店頭受け取りを希望する場合は、申し込みフォームから選択できます。最短で数分後に審査結果を通知するメールが来ます。場合によっては、自宅や勤務先に電話確認が入ることもあります。審査に通っていたら、必要な書類を持ってエポスカードセンターに出向きましょう。

必要な書類は、審査結果が書かれたメールや、本人確認に必要な運転免許証やパスポート等の顔写真付きの公的な書類と、カードの引き落とし口座として使うキャッシュカードです。忘れないように注意しましょう。メールは印刷をして持って行ってもいいですし、スマートフォンや携帯電話にメールが来た場合は、直接画面を見せても構いません。キャッシュカードは持って行かなくても構いませんが、あるとその場で早く手続きができます。銀行によっては、口座開設の届け出をした印鑑も必要になる場合がありますので、持って行くようにしてください。

学生の場合は、未成年でも申し込むことができます。ただし、未成年の場合は保護者の許可が必要になりますので、内緒でエポスカードを作ることはできません。できれば、保護者に同伴してもらい、申し込みから即日発行までをエポスカードセンターで行うとその場で許可が出せることから手間もかからないと思われます。

未成年でも即日発行できるクレジットカードはエポスカードで決まり!

未成年がクレジットカードを作成する場合、即日発行に応じてくれるカード会社はそれほど多くありません。しかし、エポスカードは未成年がクレジットカードを申し込む場合でも、即日発行に応じてくれる貴重なカード会社です。エポスカードは、百貨店であるマルイグループの子会社であるクレジットカード会社です。

インターネットで事前に申し込んでおき、親同伴でマルイの中にあるエポスカードセンターに行けば、未成年であってもクレジットカードの即日発行をしてくれるのが、エポスカードの大きな特徴です。即日発行をするためにインターネットで申し込みを開始しますが、おすすめはアプリを使った手続きです。アプリをダウンロードして、スマホで運転免許証を撮影すれば、入力項目が少なくなり、最短5分で申し込み手続きを終わらせることができます。

エポスカードセンターで即日発行してもらう場合は、申し込む際に「店頭受け取り」を選択します。なお、未成年が申し込む場合、親権者の了解が必要になります。インターネットかアプリを使って申し込みを完了すれば、審査結果をすぐにメールで確認することができます。

申し込みをした後、早い場合ですと数分後にメールで審査結果が送られてきます。審査結果に問題がなければ、親同伴で最寄りのマルイに向かい、その中にあるエポスカードセンターで所定の手続きを行った後、クレジットカードを受け取ることができます。

エポスカードセンターの営業時間内に手続きする必要がありますので、インターネットでの申し込みは午前中に行っておく方が良いでしょう。土日、祝日であっても、マルイが営業している日であれば、即日発行が可能です。平日は親同伴が難しい場合であっても、休みの日に手続き可能なところがうれしい点です。

エポスカードセンターに行く際、取引している金融機関のキャッシュカードを持参することで、即時手続きが可能になります。一部の金融機関のキャッシュカードについては、印鑑が必要になる場合があるため、一緒に持って行きましょう。また、エポスカードは入会費用や年会費などのコストが永年無料であるにもかかわらず、海外旅行傷害保険が付いています。

エポスカードのカードデザインは、シルバーと赤の二種類から選ぶことができ、どちらもオーソドックスな落ち着いたデザインになっており、どこで使用しても恥ずかしくない仕様になっています。早速エポスカードのホームページに入ってみて、その魅力を確認しましょう。