知ってた?JCBカードは即日発行対応!

まとめてみました!JCBで即日発行する方法

JCBは、アメリカ系の企業以外では世界で唯一の、世界で通用するクレジットカードとしての存在感を有しています。現在発行されているカードは20種類あり、基本的には個人向けカードと法人カードがあります。

JCBのカードの発行においては、これまでは最も短いものとして3営業日が最短となっていました。しかし、現在では即日発行のカードも用意しており、一般カードとゴールドカード、オリジナル一般カードとオリジナルゴールドカードが平成16年11月4日より可能となっています。

残念な点としては、エクステージカードは即日発行できないことがあり、これまでと同様に、発行には2週間程度要することになります。因みにエくステージカードは18歳以上29歳以下と対象とした限定カードとなっており、初回更新時、つまり5年後には一般カードに自動的に切り替わるものの、それまでは年会費や、発行手数料が全て無料となるなど、非常にメリットの大きなカードです。

即日発行に対応したJCBカードは、当日発行されて翌日に自宅に届くことになります。ただし、サービスを利用するには定められた条件に合う必要があり、まず1つに平日14時までに申込をすることがあります。また、オンライン口座設定も必要となり、設定をする場合には、インターネットバンキング契約カード、キャッシュカード、預金通帳等を準備しておく必要があります。

即日発行では、オンライン口座設定において、パソコン画面での質問が行われ、まず、1つに質問1として「いずれかの金融機関の普通預金口座をお持ちですか?」があります。ここでは、24の金融機関が掲載されており、例えば、メガバンクではみずほ銀行をはじめとして5行、他に、ゆうちょ銀行を含め、ネット銀行、大手地方銀行があります。

2つ目の質問では「いま、お手もとにありますか?」の内容になり、ここでは、インターネットバンキング契約カード、もしくは、キャッシュカード・預金通帳があるかどうかが問われることになります。1の質問と2の質問内容の条件に合った場合にはカードは即日発行の対象となり、順に画面にて「オンラインで口座を設定する」を選択し、手続きを行います。

申込では、平日の14時までに行った場合にはその日の15時までにメールにて「カードオンライン入力判定結果のお知らせ」が届くことになり、受信した場合のみ、翌日カードが届くことになります。仮に15時以降に受診をした場合には翌日発行・翌々日の届けとなり、地域的には、九州・北海道・沖縄・離島の場合には最短翌々日の対応となります。

JCB一般カードは即日発行と翌日受取が可能になるって本当?

JCB一般カードは、最短即日発行と翌日受取が可能になりました。券面のデザインはオリジナルシリーズに限られ、特殊なデザインのJCB一般カードには対応していません。即日発行が可能なら、到着前までにスマートフォンに登録して、早めに利用することも可能でしょう。

最短即日発行をするには、電子マネーの搭載やキャッシング枠が設定ができないので、付帯させたい場合は注意してください。電子マネーを搭載する場合は発行までに2週間ほどかかる場合がありますし、キャッシング枠の設定は、JCB一般カードの到着後に紙面での郵送申し込みが必要になりますので、日数が余分にかかります。

JCB一般カードを最短即日発行させたい場合は、所定の時間までに手続きを済ますこととオンライン口座設定が可能かどうかが問題となります。申込者の住んでいる地域によっては、翌日受取が難しい場合があります。本州や四国以外の方の場合は、条件を満たしていても、翌日受取が不可になる可能性が高いでしょう。

最短即日発行が可能な手続きの時間については、平日の14時までに申し込み手続きを済ませ、15時までに入会判定の通知メールが届いた場合のみになります。15時以降にメールを受信した場合や、土日などの休みの日に手続きをした場合には、即日発行の対象外となり、最短で翌営業日以降の発行になります。

オンライン口座設定については、利用できる銀行が決まっています。申し込み完了後の画面から、オンライン口座設定の手続きが行えます。比較的規模の大きな銀行やネットバンキングができる銀行であれば、対応できるでしょう。金融機関によって違いますが、預金通帳やキャッシュカード等から口座番号を確認して入力するだけで、サイト上から設定ができます。

保有している口座がオンライン口座設定に対応していない場合には、即日発行ができません。しかし、ネット専業銀行では、JCB一般カードのオンライン口座設定に対応している所が多いので、事前に口座開設をしておくのもおすすめです。コンビニのATMと提携して入出金の手数料も安価に済む場合があります。

JCB一般カードは、申込者や配偶者に安定した収入があれば、高校生以外の未成年者でも申し込みが可能です。しかし、未成年学生の場合は、オンライン口座設定が難しいですし、審査時に親権者の許可を得る必要があるため、最短即日発行をするにはハードルが高いでしょう。急ぐ事情がある場合には、早めに手続きをするようにしてください。

JCBゴールドカードは即日発行ができ翌日受取が可能となった

最短即日発行ができるJCBゴールドカードは、国内では珍しい最短即日発行をしてくれ、翌日受取も可能となった最速のカードです。審査の基準も10段階ありますが、5段階で審査が終わるという優れもので希望をすればデザインも変えてくれるというのがJCBゴールドカードのメリットです。

カードの発行は、最短即日発行、翌日受取となっていますが年齢に条件があり20歳以上となっておいり、勤続年数が1年以内で、もちろん過去に事故がないことが条件となっています。

年会費は初年度は無料になっておりますが、翌年から10,800円かかりますがサービスはかなり充実しています。ポイントも年間の利用金額に応じて10%から60%アップとなっており、JCBゴールドカード会員のみが利用できる専用デスクが用意がされています。空港ラウンジも無料で利用ができ、万が一飛行機が遅れた場合でも最高で2万円の補償をしてくれたり寄託手荷物がなくなった場合は、最高4万円までと補償をしてくれます。旅行保険も充実しており国内で病気になった場合やけがをして入院をしたり手術をした時はもちろん保険が使えますが、死亡した時も補償があり、海外旅行も安心してできるよう色んな補償がしっかりと付加されています。

最短即日発行をするには、平日の14時までに申し込みをしてオンライン口座設定が必要となります。オンライン口座設定をするには、インターネットバンキングが契約されているキャッシュカードか通帳がなければできないシステムなので、金融機関によっては手続きをする時に必要な書類などが異なりますので、確認が必要となります。

最速で申し込む場合には、QUICPayが搭載されていないカードが発行され搭載をした場合は、発行まで2週間くらいかかることもあります。JCBゴールドカードでインターネット支払いを希望するときは、JCBが利用できる金融機関が便利です。利用できる金融機関は、大手都市銀行とゆうちょ銀行、ネット銀行と幅が広くあるので自分がどの銀行なのかでカードももっと便利に利用ができます。原則的には24時間利用ができますが、金融機関によってはメンテナンスがあるのでその時は利用ができません。もちろん地方銀行でも利用ができますが、その時に用意するものは通帳、印鑑、キャッシュカードなどが必要となりますので、オンライン口座設定をするときは確認をする事をお勧めします。

JCBゴールドカードをインターネットで申し込む時によりますが、お得なキャンペーンもありタイミングが良ければキャッシュバックもあります。

最短で即日発行ができるJCBカードの特徴

JCBカードは国際ブランドから直接発行されているプロパーカードです。ステータス性があり、信用度も高いので、国内でも利用できる店舗が非常に多くなっています。以前は申し込んでから3営業日以内に発行が決まりましたが、顧客の利便性を考えて、2016年の11月より、一般向けカードとゴールドカードの2種類に限り、即日発行が可能になりました。郵送されるまでに時間がかかっても、即日発行が決まっているので、到着前にスマートフォンに登録して、カード決済をすることも可能になります。

ただし、一部の機能や付帯のカードについては、利用できるまでに時間がかかる場合があります。キャッシングは、申し込み後2週間はかかりますし、ETCカードの発行については、受け取りまでに最短で5営業日ほどかかることがありますので、注意してください。海外旅行の日程に合わせて取得したい場合や、帰省や旅行で有料の道路を利用したい場合は、日にちに余裕を持って申し込むようにしましょう。

JCBのカードを即日発行するには、いくつかの条件があります。まず、平日の14時までにインターネットから申し込み手続きを完了させ、15時までに審査結果のメールを受け取った方が、即日発行ができ、最短で翌日までに取得できることになります。さらに、月々の支払いのために、引き落とし口座が重要となります。JCBで即日発行を可能にするには、インターネットで登録できる預金口座が必要になります。保有口座が対応していない場合は諦めなくてはいけません。インターネット専業銀行も対応している所がありますので、最寄りの銀行がなければ、事前にそれらの銀行の口座を開設しておいてもいいでしょう。キャッシング枠については、入会後、紙面での郵送申し込みで設定することになります。

JCBカードの利用に向いている方は、通販サイトのAmazonをよく利用する方や、後払い式の電子マネーを使いたい方でしょう。JCBカードの利用額に応じて、Oki Dokiポイントが貯められます。Oki Dokiポイントは、様々な用途に交換できますが、Amazonでの支払いに利用した場合、1ポイントが3.5円分になり、交換後の価値が高くなります。また、1ポイントから使用できますので、有効期限が迫っている場合でも、端数を使い切ることも可能です。

後払い式の電子マネーは、JCB独自の規格のQUICPayが付いています。事前にチャージしなくても、使った分だけカードから補充できますので、無駄がありません。店舗でクレジットカードを渡さずに、センサーにタッチするだけで支払いができますので、決済をスムーズにすることもできるでしょう。

未成年の学生でもJCBは即日発行できる?

大学や短大、専門学校に進学すると新生活をはじめたり、授業で必要となるお金の出費も頻繁に起こります。現金ですぐに支払いが出来ない状況になれば、クレジットカードを利用することが便利です。クレジットカード利用ならその場で現金を持ち合わせていなくても、翌月以降に口座引き落としにより支払いが出来ます。

クレジットカードの利用申込となると、安定した収入のある社会人であれば審査に通りやすく利用も可能です。しかし学生の場合は利用申込は可能でしょうか。学生でもクレジットカードは申込は可能です。ただし条件があり未成年からでも利用可能となってますが、高校生ではなく18歳以上からの利用申込なら可能になっています。

学生であっても、クレジットカードをすぐに利用したい状況はあるでしょう。たとえば海外に留学をするようなとき、研修旅行に行くことになったときなどがあります。海外でもJCBをはじめとした国際ブランド加盟店は数多く、利用の出来る国も増えています。旅行の準備をしながら行先でクレジットカード利用も必要だと考えれば、カード申込手続きから発行も出来るだけ急ぎ、即日発行が出来るようなカードに申し込めれば安心です。

学生であれば即日発行できないのでしょうか。クレジットカードの申込には本人確認が出来る書類を提出し審査の手続きが行われるので、学生証のコピーを送付することで身分証明になります。即日発行を希望するなら申込手続きはウェブ上で行いましょう。各カード会社のサイトからはウェブ上でカード申込手続き出来るフォームがあります。

ウェブ上で申込手続きする場合は、提出書類もすべてウェブ上で送付出来ます。本人確認用の書類として学生証を送付するなら、携帯電話などで撮影した画像をメールに添付して送ることが出来ます。この方法であれば郵送によって日数のかかる提出にならずに、即日でカードを発行してもらうことも可能になります。送付する画像は内容が分かるように鮮明に撮影しましょう。内容が不明確な画像の場合、審査手続きが遅くなりカードが即日発行できない場合があります。

国際ブランドが選べるカードの利用も可能で、JCBブランドを選ぶことも可能です。海外留学や研修旅行などで海外でカード利用する場合は、JCBのカードが利用出来る店舗も多くあります。国際ブランドを付けていることでカードの利用範囲も広がります。国内でも優待店でカード利用をするとポイントがもらえるサービスもあります。